読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域密着の便利屋!川西・宝塚・尼崎・西宮・池田・豊中・箕面くらしお助け隊

大阪・兵庫/川西・宝塚・尼崎・西宮・池田・豊中・箕面・地域密着の便利屋!・遺品整理・いらない物の処分・草刈り・草引き・伐採・剪定・ハウスリフォーム・引越し・運搬をお手伝い(代行)する業者です。

【不要品処分】小タンスや布団やカラーボックスや服や分割式のソファの処分作業‐大阪府池田市‐

【不要品処分】小タンスや布団やカラーボックスや服や分割式のソファの処分作業‐大阪府池田市

 

 

 

どうも、こんにちは くらしお助け隊 スタッフのたくおです。

通話無料 0120‐967‐622  直通携帯 090‐8123‐9211

今すぐご相談されたい方は携帯の方をお勧めします。

 

 

 

今回は使わなくなった布団、カラーボックス、服、ソファの処分するため

大阪府池田市に行って参りました。

 

 

処分品の量は1t(トン)パックぐらいで収まりそうでした。

1トンパックはハイエースワゴンサイズの車の荷台に積める分の物を処分する。

作業のことです。この1個下のパックで軽車両パックというものがあり

そちらは軽トラックや軽のボックスサイズでお手軽で一番人気のパックです。

ですが、今回は軽車両では積みきれないのでワンサイズ上の1トンパックにしました。

f:id:takuo0701game:20170110184133j:plain

どのパックに共通して言えることですが、積み方を間違えるとデットスペースが

できて、小さな隙間が空いて損してしまいます。

なので、積み込む際は大きい物を奥から積み込んでその隙間やタンスの場合、

引き出しなどに小さい物を詰め込んで少しでも多く処分品を積み込めるように

工夫して積み込んでいます。

流れとしては大きい物、小さい物、隙間などは柔らかいもや

形が変わるもの(布団や服)その流れの繰り返しです。

 

なので、積み方さえ工夫すれば軽車両も結構な量の処分品を積み込むことが出来ます。

 

 

今回の作業自体はおよそ2時間くらいで完了致しました。

とても、喜んで頂き、実に充実した1日でした。

 

 

くらしお助け隊では、そんな処分品で唯一回収できない物がございます。

それが、生ごみです。理由はその同じ車で運搬作業や引越し作業をしているからです。

生ごみのにおいが車についてしまうと、運搬などを

させてもらっているときにその匂いが

お客様の品物などに匂いが移ってしまう恐れがあるからです。

 

 

詳しくは下の画像をタップしてくださいませ。

川西店ホームページをご覧いただけます。

f:id:takuo0701game:20161215171219j:plain

 

今すぐ、ご相談をされたい方は下の電話番号までお問合せくださいませ。

通話無料 0120‐967‐622  

直通携帯 090‐8123‐9211

 

 

本日はくらしお助け隊 川西店 日記ブログに

ご訪問頂きありがとうございました。

また、次回の訪問をお待ちしています。