読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域密着の便利屋!川西・宝塚・尼崎・西宮・池田・豊中・箕面くらしお助け隊

大阪・兵庫/川西・宝塚・尼崎・西宮・池田・豊中・箕面・地域密着の便利屋!・遺品整理・いらない物の処分・草刈り・草引き・伐採・剪定・ハウスリフォーム・引越し・運搬をお手伝い(代行)する業者です。

花粉症の方必見!効率の良い正しい、空気清浄機の置き場所

どうも、 こんにちは くらしお助け隊 スタッフのたくおです。

 

 

今回は 友達から聞いた空気清浄器の正しい置き場所

 

この時期は花粉症の方は特につらい時期だと思います。

 

そこで、大活躍するのが 空気清浄機です

 

ですが、ほとんどの方はその正しいを知らないのです。

 

そして、寒い時期と暑い時期(エアコンの暖房と冷房)でも

置く場所が変わってきます。

 

まず、寒いとき、暖房を使っている場合は、

暖かい空気は部屋の下を通り天井を通りエアコンに戻る

という感じに部屋を循環しています。

なので、エアコンに戻る前に空気を洗浄してあげないといけないので、

エアコンの対面する壁側に置くのが一番良い場所です。

そうする事で、エアコンの暖かい空気が部屋を暖め、

その暖め終わった空気を空気洗浄機できれいにしてエアコンに返すという

効率が良く、違う場所で使うときよりも短時間で部屋の空気をきれいにすることが出来ます。

 

次に暑い時期、冷房を使う場合

 

暖房の逆で冷たい空気は天井を通り、床を通りエアコンに戻る

という循環で部屋を回っています。

なので、結論から言うと、エアコンの真下に置くのがベストです。

 

暖房を使うときと同じ場所に置いてしまうと部屋の天井から来た空気を

綺麗にして床のほこりなどをまた持ち運んでエアコンに戻り

エアコンから埃をまき散らしているという形になってしまいます。

 

それでは、エアコンのフィルターもすぐに埃が溜まってしまいますし

空気清浄機を使っている意味がほとんどありません。

 

ですので、今回お伝えした、

暖房はエアコンに対面する壁側に

冷房はエアコンの真下

という、置き場所に置きなおし

これからスギ花粉の本番の4月に備えて

しっかりした生活ライフを歩んでいきましょう。

 

どうも、今回はくらしお助け隊 スタッフ日記ブログに

ご訪問頂きありがとうございました。

 

便利屋で様々な作業を対応させて頂いていますので

何かお困りごとがあれば、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

害虫駆除(ゴキブリやクモなどの駆除)(シロアリ退治)

不要品処分(不用品処分・粗大ごみ処分のお手伝い)

生前遺品整理(遺品整理・処分のお手伝い)

草刈り(雑草などいらない根を残して切り落とす作業)

草引き(雑草などの草を根か取り除く作業)

伐採(主に木を切り倒す作業)

剪定(家の外に飛び出た木々などをきれいに整える作業)

ハウスリフォーム(トイレ・キッチン・風呂)(増減改築)

(家屋解体)(外壁塗装)(外構)(店舗改修・看板製作)

引越し・運搬(引越しのお手伝い)(家具の移動や部屋の模様替えのお手伝い)

 

詳しくはこちら下をタップしてくださいませ。

kawanishi.55otasuketai.net

 

くらしお助け隊 川西店ホームページをご覧いただけます。

 

 

今すぐ、ご相談やその他お困りごとがあるという方は

下の電話番号までお問い合わせくださいませ。

見積もりは無料なのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

通話無料 0120‐967‐622 直通携帯 090‐8123‐9211

 

 

本日はくらしお助け隊 日記ブログに

ご訪問して頂きありがとうございました。

また次回の訪問をお待ちしています